<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

評価が割れるレコード
SACDで視聴。
巧いが,よくもわるくも線が細い。

これをどうとるかで好みが別れそうだ。
最後に行きつくシベリウス
 沢山の人のシベリウスの協奏曲の演奏を聴いてきて、私は諏訪内晶子さんの演奏を最初は端正だなくらいにしか思わなかったのですが、さらに色々な人の演奏を聴いていると、結局最後には諏訪内晶子さんのシベリウスにいきつきました。端正であっさりしているようだけど奥深い演奏です。私はもう何年聴いているのだろうか。
 他の人との一番の違いは音の透明感、フィンランドの空気感を感じさせる音楽、ということでしょうか。他の人の演奏ではソロが高めにチューニングしすぎたり、華やかに歌いすぎたりで、メロディーは引き立つけれども、フィンランドの透き通った空気というよりは、なんだか亜熱帯の湿度を感じさせてしまうものが多いと思います。
 
美しい演奏、ストラデイバリウスの良さもしっかり聴かせる名盤。
諏訪内さんが弾いてなければ、この作曲家に目がいくことはなかった。
聴いてみれば、それはもうすばらしくダイナミックな曲と演奏。
さらに名器ドルフィンの諏訪内演奏デヴュー録音。
このヴァイオリンの凄さ(私は高音部のハーモニーの美しさだと思っている)をしっかりと
見せつけるような、選曲なんだと思う。
さらにリーフレットの表も裏も、とても美しい諏訪内さん。
満足できる一枚です。
シベリウス & ウォルトン: ヴァイオリン協奏曲バッグインバッグ
プラダ 財布
[PR]
by ikairon1 | 2011-07-04 21:09 | 音楽

日本におけるサティ浸透の最高の功労者
エリック・サティ(1866?1925)が現在のようにコマーシャルにまで多く用いられ、生活に浸透して行った『演奏者』としての最高の功労者はと言えば日本ではあまり評価が高いとは思われないアルド・チッコリーニだろうし、日本における最大の功労者は間違いなく高橋悠治・アキ兄妹だろう。

1980 年2月、ニューヨーク州立大学バッファロー校に付属していたセンター・オブ・ザ・クリエイティブ・アンド・パフォーミング・アーツ(創造的演奏芸術センター)のメンバーであった高橋アキは、このセンターのディレクターであった作曲家モートン・フェルドマンからそこでのリサイタルにメシアン・クセナキスの曲とともにサティの『5つのノクチュルヌ』を所望された。高橋アキは、渋谷にあったジャンジャンで足掛け3年間『エリック・サティ連続演奏会』を行っていてほとんど全曲を日本でおそらく初めて知らしめていたのだ。時にジョン・ケージが大きくエリック・サティに傾倒していて、ケージと30年来の友人であったフェルドマンがサティ*ケージ*高橋アキの3つを繋いだと考えられる。

その時兄高橋悠治はサティの音楽をより、音楽論的に作品分析を行っている。
例えば最も有名なサティの曲『ジムノペディ第3番』は、メロディーをMとし、前奏・間奏・後奏をLとして小節数を数えると次のような図式になる。
L4M9M7M7/L3M10/L2__M6M7/L5
かくて主旋律から伴奏和音が予想できず、あらゆる虚飾の剥ぎ取られた純な音が抽出され、音楽が生成されていく。

美しいサティの音楽がサロンに埋もれることなく、全曲を漏れなく今この耳に聴けると言う奇跡を起こした人、それが高橋悠治とアキだ。
サティ:ピアノ作品集(2)
シーバイクロエ 財布
プラダ 財布
[PR]
by ikairon1 | 2011-07-04 20:43 | 音楽

これも好みの問題ですが

リストの曲が良い
やはり十八番のラ・カンパネラは良い。また、葬送曲は重々しさが強烈に印象に残った。ただ、それ以外は普通かな、という感じ。特にショパンのエチュードは他の人の方がよっぽどいいです。
フジ子っぽくはある・・・。
いわゆる王道の「クラシック」からは逸れた演奏ではある。・・・がその独創性や、崇高さは、他に見ないものがある。端に「枯れた」演奏というわけではないのだが「音」として聞こえるものとしてはけして派手ではない。むしろ淡々としている。・・・が心にくる「響き」は、とても大きな、心ににじみ込んでくるような印象を与える。「音」としては、ミスタッチなども多くあり、(ライブ演奏ゆえ・・・)音感・音程に敏感な方だと、とても気になるかも知れません。・・・がヘミング独特の「響き」がカバーします。このヘミングの音楽の表現の次元の違い、高さがとてもすばらしい。とても崇高な表現だ。特にシューマンはそういう意味で、とてもすばらしい。ショパンは並みというところ。
それなりです。
多くの方々に絶賛されている方のCDです。しかし、この方の演奏に関して、何枚かCDを持っている身としては個人的に「これはすばらしい!」というのと「う~ん?」というのに分かれています。前者のほうが多いのは確かですが。好みは人それぞれなのでしょうがないので、フジ子・ヘミングさんのファンの方、怒らないで下さい。個人的にはこのCDの中では謝肉祭が一番好きです。テンポが良いし。これがあるがゆえに、このCDを手放さいといってもよいかと思いますし、人にこのCDを買うことを薦めることもできます。ショパンに関しては・・・個人的にはダン・タイ・ソン氏の演奏のほうが好きです。これも好みの問題ですが。
永久(とわ)への響きコーチ バッグ
アンテプリマ バッグ
[PR]
by ikairon1 | 2011-07-04 18:32 | 音楽